店舗一覧を見る

Follow us

BLOG

ハンガーの種類

大きく分けて針金ハンガー、プラスティックハンガー、木製ハンガーなどがありますが、多く使用されているのは針金ハンガーかプラスティックハンガーです。

針金ハンガーは一昔前までは主流でしたが、
環境保護の風潮が高まる中で
プラスティックハンガーが主流になってきた経緯があります。

正直に言うと針金ハンガーの方が割安ですが、
プラスティックハンガーは洗浄するなどにより概ねリサイクルが可能です。
針金ハンガーだと変形が激しくリサイクルに向かないのが現状です。

また、アパレル業などではプラスティックハンガーでも肩の部分が幅が広いものや木製ハンガーを使用されていますが、これは、クリーニングで使用しているハンガーよりも数倍も割高です。

確かに肩やシルエットを保つためには適しています。
家庭での保管にもお勧めです。

これを使った方が良いのではないかと思われるかもしれませんが、クリーニングとアパレルではハンガーの目的が違います。

クリーニング用はあくまでもご家庭に持ち帰るまでの一時的な目的です。

アパレルのハンガーは、購入しその後保管する間も使用する目的があります。

それでもこだわれば使用したいところですが
その分価格に反映せざるを得ないことになりますので・・・

他には

ワイシャツ用やスカート用、ズボン用など、必要に応じて専用ハンガーを利用する場合もあります。

クリーニングのハンガーは一時的な使用にとどめていただき
お洋服にあった最適なハンガーをご使用になられることをお勧めします。

ちなみに針金ハンガーはあると、様々な形にも変形させることもできます。
ネットでも様々なことが書かれていますのでお試しください。
スニーカーや上履きなどを干すときに使ったりなんかもできます。

スマホで会員証とポイントを管理! 公式アプリを
ダウンロード

情報満載のタニカワクリーニングの
スマホアプリは会員証としてもご利用可能です。

スマホが会員証になります!お得な限定クーポンもお届け!店舗からのお知らせもすぐに!